アクセス解析
FC2ブログ
topleft topright

福猫屋ECO日記

暮らしの中で見つけた、「ちょっといいこと」「気になること」について気ままに綴っています。食事、野菜畑、猫、布ナプキンについての話題が中心です。

環境
bottomleft
bottomright

 スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
posted by ふくねこや at --時--分  [スポンサー広告]  トラックバック(-) | コメント(-)
 

2007年07月 15日 (日)

 「豪快な号外」我が家にも

あちこちで話題の「豪快な号外」が、昨日ついに我が家にも到着。

取引先のお店が、お店の通信に同封してくれました。

3部入っていました。

gougai1.jpg


地方にいると、都会でホットな話題も到着するのが遅れるか届かないかのどちらかで、地域の温度差を感じてしまうのですが、最近はネットのお陰で今回の「豪快な号外」も既に中身をPDFファイルで見てしまったのです!

でも、実際に手にとって見てみると、見ていない部分も結構あって、
やはり実物を入手するって大事なことかも!?と思いました。

エコの最前線にいる方や詳しい方からは、「今さらこんなこと改まって言わなくても…」という話も聞かれる「豪快な号外」ですが、私は結構良い情報だな、と感心しました。

そして、温暖化って真面目に怖い!

「このくらいは」と自分に甘くなってしまいがちな日常ですが、少しでも出来ることを実践してエコに努めなくっちゃ。

と反省しました。

3部頂いたので、友人に配ろうかと思います。

中はこんな感じです。

gougai3.jpg


gougai2.jpg


PDFファイルはこちらからです
http://teamgogo.s271.xrea.com/gogo/gogo.html

サイトはこちら
http://www.teamgogo.net/

是非一度みてくださいね~
スポンサーサイト
posted by ふくねこや at 14時35分  [環境]  トラックバック(-) | コメント(-)
 

2005年06月 21日 (火)

 かえる印の蚊取り線香?!

暖かくなってくると、夕暮れにイヤ~な音がするようになる。
それはモチロン「蚊」!!!

環境の良い長野に引っ越して三年目。いつまた東京に戻るかわからない身の上ではあるが、最近では東京の空気も記憶から遠くなろうとしている(う~寂しい!)。と言っても都心に暮らしていたわけではなく、後半十年くらいは環境の比較的良い多摩地区に住み着いていたので、町並みは長野の住宅街とさほど変わらない(笑)

ただ空気が随分ちがうように思う。長野は冷蔵庫の中のように空気が冷たくて、おまけに水まで冷たい。雨上がりには当然水溜りもできるが、あまり蚊のわいてきそうな雰囲気はない。こちらに来て蚊に刺されることが減ったもの事実(ほとんど刺されていない?)

東京都下のマンションにいた頃、ほぼ一年中窓から蚊が侵入してきて困ったことがあった。窓から下を覗くと何やら水が溜まって、しかも腐っているような気配…でも人が立ち入る隙間がないほど狭い隙間でのこと。

仕方がないので蚊取りマットを使用することにしたのだが、何だか気分が悪くなる。殺虫剤臭さが常に部屋の中に残るのが原因らしいので、近所の自然食品店に行って代わりになる蚊取り線香を買ってきた。

除虫菊使用の蚊取り線香は体に優しいのだとか…
でも…煙がモウモウ立ち込めて今度は目が痛い。。。蚊を退治しているというより煙で遠ざけているという感じ!

蚊取りマットも除虫菊線香も苦手な私は、結局有効な蚊の撃退法もないまま、何となく蚊に刺されて夏を終らせていたのである(涙)

かえる印の蚊取り線香」が良いらしいと知ったのは友人がやっているお店のチラシからだった。煙も少なく、蚊にだけ有効で人間には無害な除虫菊成分で蚊をやっつけてくれるのだとか!

早速ためしてみた。ここは蚊が少ないので試す機会も少ないが、どうやら煙も従来品より少なく、臭いもすーっと消えて残らない感じがする。家具もベタベタしないし、噂通りな感じである。

東京に戻ったとき、使いたい蚊取り線香一番の候補であることは間違いない!

詳しくはこちらをご覧下さい



kaeru-m.jpg

posted by ふくねこや at 19時02分  [環境]  トラックバック(-) | コメント(-)
 

2005年06月 15日 (水)

 頭皮の痒みに「オリブ石鹸シャンプー」はいかが?

石鹸シャンプーに切り替えてから、かれこれ15年くらい経ちますが、ここ1~2年スッキリ洗えていないような感じがしていました。きっとシャンプーを替えたからだと思うのですが・・・

遠くに引越したので、それまで簡単に入手できていた愛用の石鹸シャンプーが買えなくなり、仕方なく近所のドラッグストアやスーパーで手軽に買える大手メーカーのものを使用していたからだと思うのです。

といっても、それが決して質の悪い商品だった訳ではなく、単に私の髪質に合わなかったというか、洗浄力が足りなかった(逆に言えば、お肌にとても優しい)だけのことだと思います。

というのも、私は髪が長いのです!
昔から「ロングヘアーに石鹸シャンプーは難しい」と言われていましたが、シャンプーのためにヘアースタイルを変える気にもならないので、髪質に合う石鹸シャンプーを探し続けているといったところです。

福猫屋で扱っている「暁せっけん」は、知人の紹介で使い始めたのですが、「オリブ石鹸シャンプー」も同じ会社の商品でした。

このシャンプーは結構気にいりました。
泡立ちは普通の石鹸シャンプーに若干劣りますが(水質にもよります)意外と洗浄力があるようで、スッキリ洗えるのです。

これを使い始めてから、頭皮の痒みがなくなりました。
石鹸シャンプーは相性の良いものに出会えると、いつまでも使いつづけられるのですが、そうでない出会いをすると一生遠ざかってしまいそうな商品なので、是非良い出会いをして頂きたいのです。

オリブのシャンプーとリンス、使用量や洗い方を工夫すると結構使えますよ!(冬場の乾燥には、このリンスがとても良かったです)

オリブ石鹸シャンプーとリンスは、びわ葉エキスが配合されていて、同じシリーズにはボディソープもあります。

びわ葉エキスは昔から肌のトラブルに良いとされ民間療法でも使われてきたものですが、オリブシリーズにはアルコール抽出したびわ葉エキスが使用されています。

詳しくはこちらをご覧下さい! oribus-m.jpg

posted by ふくねこや at 10時29分  [環境]  トラックバック(-) | コメント(-)
 

2005年06月 13日 (月)

 くしゃみの出ない「粉せっけん」

私はアレルギー体質で敏感肌なので、お洗濯は「粉せっけん」と決めているのですが、粉せっけんを使うときの悩みに「くしゃみ」がありました。

これ、せっけんを使っている方なら、たいてい経験があると思います。
お洗濯の際、粉せっけんを軽量するときに出る、あの「クッション!」。。結構辛いものですよね。

それを解決してくれる粉せっけんが「暁ローブ」です!!!
粒子がツブツブしているので、超微粉末状態ではありません。だから飛び散らないんでしょうね。

今の季節なら、そのままでも溶けやすいですが、気になる場合は給湯器のお湯で軽く溶くと綺麗に洗えます。温度が低いとダマダマになりますが、結構大丈夫です。

粉せっけん使用の際、粉飛びが気になって・・・という方に是非お勧めしたい粉せっけんです。

★暁ローブ粉石けん★
暁ローブ粉せっけんは、石けんの洗浄力を最大限に生かすよう、米ぬか油、ヤシ油、ラードを絶妙に配合しています。

干したあとにいやな臭いも残らないし、洗濯物がふっくらと仕上がります。計量時の粉とびも少なく、使い勝手がよいので、石けん初心者から上級者までお勧めできる石けんです。

1キロ入りの袋と3キロ入りの箱があります。3キロの方がお得ですよ。
詳しくは福猫屋まで!
posted by ふくねこや at 12時51分  [環境]  トラックバック(-) | コメント(-)
 

2005年05月 26日 (木)

 家庭菜園

我が家には借りている広い畑と庭の片隅にある小さな畑がある。

広い畑は自宅から離れていて、車で5分くらいの距離である。そこでは面積を必要とする大型野菜と日照を必要とする野菜を作り、庭の畑は日陰を好む野菜とハーブなどを中心に作っている。

実は、夏の間庭の草取りが大変なので、何か作って「畑」にしておりた方が草が目立たず好都合なのだ!その上食べ物が手近にあると、買い物に行けない日などは有難い。

ド素人の私たちが野菜を作り始めたのは三年前のこと。
最初は何をどうして良い物か分からず、「野菜の育て方」といったガイドブックや家庭菜園のサイトを毎日見て勉強するしかなかった。
近所の人には「ヘタクソ菜園」と思われていたことだろう(笑)

でも、ある時「土に任せばいいのよ」という一言で、野菜作りの見方が変わったのである。それを言ったのは、福猫屋に美味しい「もち黍」を提供してくれている酒井さんだった。

その通り。野菜は太陽と土、風、雨などが育ててくれる物なんだと感るようになった。それまでは色々なことを頭で考えテキストを見ながらやっていたのだ。(最初のうちは、それもしょうがないけどね)

我が家のヘナテョコ菜園も夏になれば食べきれない程の野菜を提供してくれる。「作るって大切なことだなぁ」と実感する。

お金を稼いで無農薬野菜を買うのも一つの方法だが、自分で作れば少ない投資で無農薬野菜が沢山とれる。

貧乏人は自給するのが一番だとつくづく思うのである。

※私たちに農業指南してくださっている酒井さんご夫婦の「無農薬もち黍」は大変好評で現在売り切れですが、秋にまた新黍がとれます!


posted by ふくねこや at 18時02分  [環境]  トラックバック(-) | コメント(-)
| ブログトップ |
 
カレンダー
<<11月 | 2018年12月 | 01月>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
自己紹介
ふくねこや
--管理人--
ふくねこや
--自己紹介--
東京から長野に移り住んで5年目。家庭菜園、お仕事、マクロビ風料理など・・・日々の小さな出来事を綴っています
--RSS--
--管理者ページ--
 
最近のコメント
 
トラックバック
 
検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。